ひなたんのブログ

人生に必要なこと...それはワクワク。

死んだら天国?地獄? お坊さんの説法で知った6つの道。

今年も半分以上が過ぎましたが色々な事がありました。

ブログを始めたのも今年。

身内に不幸があったのも今年です。

ん?この不幸という言い方は私的には、あまり好きではないですが...。

大切な家族が亡くなりました。

不幸というより大往生で、この息苦しい地球でのミッションを終わらせたのでしょう。

肉体とはおさらばし幸せに天界へ行ったことと思います。

 

そしてつい最近、初盆を終え、その時の お坊さんの お話しに耳を傾け色々感じる事がありました。

いわゆる説法というやつですね。

お坊さんは「六道」について お話しして下さいました。

我が家は真言宗なので、それに基づいての話しなので宗派によって変わるとは思いますが...。


f:id:hinatanoyou:20190807032546j:image

 

「六道」の話しの前に亡くなってからの魂の流れをざっくり言いますと...

人は死んで四十九日の法要までの間も修行だそうです。

仏になる修行?のようなものだそうです。

そして四十九日が終わり納骨などを済ませると次は初盆。

初盆では迎え火をして魂を迎え入れ、法要をします。

初盆でなくても お盆前は ご先祖さまを迎える為に迎え火、送り火をするのは同じ事ですね。

お盆の間は生前、亡くなられた方の好きな物を お供えしてあげます。

そして お盆の終わり(8月15日)には送り火をしてまた天空へ戻られます。

 

その魂はどこに行くのか...。

いわゆる本来の「あの世」というのは六道での「天道」という神様に一番近いとこなのかもしれません。

 

六道とは

人間が善悪の業因によって行きめぐる6つの世界。

仏教において、衆生が その業の結果として輪廻転生する6種の世界のこと。

 

六道には下記の6つがあります。

 

天道(てんどう、天上道、天界道)

 

人間道(にんげんどう)

 

修羅道(しゅらどう、阿修羅道)

 

畜生道(ちくしょうどう)

 

餓鬼道(がきどう)

 

地獄道(じごくどう)

 

 

善の道

天道、人間道、修羅道

→三善趣(三善道)

 

悪の道

畜生道、餓鬼道、地獄道

→三悪趣(三悪道)

 

となっているそうです。

人間が居てるこの地球という階級が人間道だそうです。

 

三回忌が終われば天道に行き、いわゆるれっきとした「仏」になるそうです。

色々な念を無くし仏になっていくのですが最後まで無くせないのが食に対しての欲だそうです。

生前、食べ物に対して感謝の気持ちを持ちながら頂いていたなら、あの世に行くまで最後まである「食」に対しての修行は少ないそうですが、やはり牛、豚、鳥、魚など生きているものを殺生して口にしている私達人間は死んでからの食べ物に対しての念を無くすには随分、時間がかかるそうです。

食欲とは人間の三大欲の1つですからね。

 

先程話した 六道 の「餓鬼道」に行く人は生前、贅沢した人達、食だけではなく強欲な人が行く所と言われています。

 

説法していただいた話しを 覚えてる限り ざっと書きましたが、うる覚え等もあり間違ってるとこも あるかもしれませんが、その辺はご了承下さい。

 

この説法を聞いて思ったことは三悪道には行きたくない!!

ということですね。

やはり常に「感謝の気持ち」は忘れてはいけませんね。

「人」だけではなく「食べもの」など全ての物に対してもです。

 

それと亡くなった人のことをいつも思い出すことで亡くなった魂に「徳」が付き魂のランクが上がっていくそうです。

いっぱい思い出してあげたいですよね。

 

家族の一員が亡くなって改めて色々なことを学ぶことができました。

 

先祖があって今の私達がある。

このことは決して忘れてはいけないことです。

そして地球に私達がいる意味...それはそれぞれのミッションを成し得るためだと私は思っています。

自分の為には勿論のこと、人の為にも役立つ事をしていきたいですよね。

それも ワクワク しながら。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆